世界と『日本の難民について考えよう』

●リバティ大阪企画展:世界と『日本の難民について考えよう』
もっと知ろう! もっと考えよう!
―同じ時代 同じ時代に生まれたんだから―

1月11日(水)から、大阪人権博物館(リバティ大阪)を会場に、RAFIQ主体でリバティ大阪の企画展を行っています。RAWA と連帯する会も協力参加し、広河隆一氏のご厚意によるアフガニスタン難民写真展示、RAWA連撮影のアフガニスタン難民キャンプや子供病院、民族衣装、装飾品を展示紹介しています。毎土曜日にはRAWA 関係書籍・広河隆一氏写真集・アフガンジュエリー・ケーキやジャムを販売しています、

【期 間】
2016年11月19日(土) ~ 2017年3月18日(土)

【会 場】
大阪人権博物館(リバティ大阪)ギャラリー
大阪環状線・芦原橋下車徒歩7分(案内板あり)

【開館時間】
水~金曜日 10:00~16:00(入館は15:30まで)
土曜日 13:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料】
大人500円(400円) 大・高生300円(200円)
小・中学生200円(100円) 65歳以上300円(200円)
障害者(介助者を含む)は無料
※( )内は、有料入館者が20名以上の団体料金

【休館日】
日・祝、月曜、火曜、第4金曜日、

【展示構成】
・難民とは
・世界の難民の状況
・日本の難民問題
・広がる難民支援の輪
11月30日(水)よリUNHCRのテントと1日分の食料を特別展示室で展示します
1月11日よりアフガニスタン関連の団体により展示が追加されます。
1月18日よりアムネスティからシリアの3Dトリックアート展示が追加されます。

主催:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)/大阪人権博物館
後援:部落解放大阪府民共闘会議/ヒューマンライツ大阪/UNHCR/認定NPO法人難民支援協会/公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/アフガン孤児支援ラーラ会/RAWAと連帯する会/公益財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部/日本ビルマ救援センター/サダーカ


カテゴリー: イベント, 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。