ミーナ 立ちあがるアフガニスタン女性

ミーナ 立ちあがるアフガニスタン女性

〜RAWA(アフガニスタン女性革命協会)を設立した殉教者〜

メロディ・アーマチルド・チャビス/著
アリス・ウォーカー/序文  RAWAと連帯する会/訳
四六判 並製 366ページ 定価(本体1,800円+税)

「本ミーナ ブックカバー書を、不正義や原理主義と闘うために育ち、平和、自由、民主主義と女性の権利を求め続けるこの世界の若きミーナたちに捧げる」

ミーナが私たちに残したメッセージは、原理主義とテロリズムに反対するための正しい道なのだと思います。女性の教育、保護そして前進、家族の支援、 環境の修復こそが、暴力の脅威に対する答えなのだということです。どこで起こる戦争であろうとも、戦争は問題の解決手段としては、まったく時代遅れです。 グローバリゼーションの最悪の局面に対して、私たちはグローバルな反対を示さなくてはなりません。
(メロディ・アーマチルド・チャビス/著者)

この物語は、世界中の誰もが心に刻むべき話です。ミーナはアフガン女性の解放に、そしてアフガニスタン人全体の健康と自由のためにも、人生を捧 げました。確信をもって、思いやり深く、勇気ある少数の女性たちが、ミーナという「光」に導かれて、想像すらできないような暗い時代にあっても、何百万と いう国民の心に生き続けたこと、彼女たちが注目され、信頼をかちとり、最後には尊重され愛された事実の記録物語がここにあるのです。
(アリス・ウォーカー/序文)

本書は「アフガニスタン女性とアメリカ女性(著者)から、日本に生きる女性への、いや男性も含めたすべての人への贈り物」です。
(訳者/あとがき)

カテゴリー: RAWAについて, 出版物   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。