月別アーカイブ: 8月 2011

パキスタン取材報告会~西谷文和

  さる8月23日、パキスタン取材より無事に帰国しました。 911事件から10年がたちました。 ビンラディンはパキスタンで殺害されました。謎の多い事件です。 彼が殺害されても、テロとの戦いは終わりません。 そして間違いなく、中東は911をきっかけにして、反米感情が高まり、 政治的に不安定になり、独裁者が倒されていきました。 今年に入って、リビア、パキスタンを取材しましたので、 私なりに、この状況をどう読み解くか、について 下記のとおり学習報告会を開催したいと思います。 関西方面お住まいの方で、日程調整つく方、ぜひお越しください。 入場無料です。  1 パキスタンの政治状況から911後のテロとの戦いを考える  2 カダフィーなき後のリビアを考える  日時 2011年9月2日(金) 午後6時半より  場所 大阪市立いきいきエイジングセンター3階第1研修室    (地下鉄南森町、JR東西線天満宮駅下車徒歩5分)

カテゴリー: イベント | タグ: , | コメントをどうぞ

Dedicated to Afghan girls「悲しみのシアター」

アフガン少女に捧ぐ「悲しみのシアター〜 A sad theater」 川崎けい子監督作品のアフガン映画「ヤカオランの春」「壁の中の少女たち」の オマージュとして作られた曲を真形テルコが心をこめて歌いました。 アフガンの写真によるPhoto-Clipをお送りいたします。 音楽家の作ったPVとしてお受け取り下さい。 写真撮影*川崎けい子 歌*真形テルコ( 作曲 : 松田信男 / 作詩 : 児島由美 ) 録音:蟠龍寺スタジオ(吉田哲 / 伊東あづさ) 編集:コペルニクス 協力:office 3 way http://office3way.com/ ventain records presents http://www.netlaputa.ne.jp/~ventain/  

カテゴリー: 映像 | タグ: , | コメントをどうぞ

マラライ・ジョヤさん来日キャンペーン

・マラライ・ジョヤさん日本公演ツアー全般について ・講演日程について ・マラライ・ジョヤさんってどんな人? ・アフガン写真展 女性・子ども達 9月10日(土)~14日(水) 京都 ひと・まち交流館 ・「ヤカオランの春」上映会&田中浩一郎さん講演会 「アフガニスタン ~終わらない苦難の歴史~」 9月10日(土)1:30~ 京都大学 吉田南キャンパス ・西谷文和さん&前田朗さん講演会 「アフガニスタン・パキスタンは今」「沈黙は暴力 アフガン女性の現状」 9月23日(金)1:30~ 大阪市 西区民センター ・「カンダハール」上映会&鈴木均さん講演会 「アフガニスタンはどこへ行くのか~9.11から10年を迎えて~」 10月8日(土)1:30~ 京都大学 吉田南キャンパス ※クリックで詳細ページが開きます。

カテゴリー: イベント, マラライ・ジョヤ | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

京都大学マラライ・ジョヤさん講演会

アフガニスタン 祖国に自由と真の民主主義を求めて ~占領・軍閥・原理主義との闘い~ 講演 マラライ・ジョヤさん 2011年10月29日(土) 開演1:30(開場1:00/資料代1000円) 通訳あり/申し込み不要 京都大学 吉田南キャンパス 人間環境学研究科 地下講義室                                                   主催 PJ21(京都大学大学院 人間環境学研究科 岡真理研究室) 共催 RAWAと連帯する会/ピースウォーク京都 問合せ PJ21kyoto@gmail.com / 090-3656-7409 (桐生)

カテゴリー: イベント, マラライ・ジョヤ | タグ: , , , | コメントをどうぞ

「カンダハール」上映会&鈴木均さん講演会

日時 2011年10月8日(土)1:30開演 (1:00開場、5:15頃終了予定) 会場 京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境科学研究棟 地下講義室 申し込み不要/資料代 700円 映画 カンダハール Kandahar 監督 モフセン・マフマルバフ(2001年イラン、フランス・87分) イランの名匠マフマルバフが、アーティストの想像力で生み出した鮮烈かつ忘れ得ぬイメージの乱舞 講演 鈴木 均さん アフガニスタンはどこへ行くのか ~9.11から10年を迎えて~ アジア経済研究所 地域研究センター主任研究員。専門はイラン・アフガニスタンの地域研究。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。同研究科にて博士号取得。1986年アジア経済研究所入所。1989~1991年及び1999~2001年の二度にわたり研究調査のためテヘランに在住。主著に「現代イランの農村都市」2011年ほか。 主催 PJ21(京都大学大学院 人間・環境科学研究科 岡真理研究室) 問合せ PJ21kyoto@gmail.com

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

「ヤカオランの春」上映会&田中浩一郎さん講演会

日時 2011年9月10日(土)1:30開演 (1:00開場、5:15頃終了予定) 会場 京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境科学研究棟 地下講義室 申し込み不要/資料代 700円 映画 ヤカオランの春 ~あるアフガン家族の肖像~ 監督 川崎けいこ・中津義人(2003年日本・83分) ~やがて教師は語り始めた、封印された暗い過去の秘密を、故郷で起こった衝撃の真実を~ ヤカオランとは、ダリ語で「ひとつの美しい大地」 そのヤカオランを吹き抜けた風の中に人びとは還っていく 講演 田中浩一郎さん アフガニスタン ~終わらない苦難の歴史~専門は現代イランの政治情勢 及び 現代アフガニスタン情勢、紛争予防及び平和構築。東京外国語大学外国語学部ペルシア語学科卒業、同大学大学院アジア第2言語修了後 在イラン日本大使館 専門調査員を務め、( 財)中東経済研究所 主任研究員、 外務省国際情報局分析2課 専門分析員、 国際連合アフガニスタン特別ミッション 政務官、( 財)国際開発センター エネルギー・環境室主任研究員、( 財)中東経済研究所 イラン・グループ主査 兼 主席研究員、 (財)日本エネルギー経済研究所 中東研究センター GM、研究主幹、 (財)日本エネルギー経済研究所 中東研究センター長、GM、研究理事 、2008年より (財)日本エネルギー経済研究所 理事 兼 中東研究センター長。論文に「アフガニスタンの今」ほか。 … 続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , | コメントをどうぞ

アフガニスタン人権活動家マラライ・ジョヤさん来日プレ企画・大阪編

対テロ?戦争10年 「アフガニスタン・パキスタンはいま」 最新取材報告★ジャーナリスト西谷文和 (イラクの子供を救う会代表) 「沈黙は暴力 アフガン女性の現状」 ゲスト講演★東京造形大学教授 前田 朗 (アフガニスタン国際戦犯民衆法廷共同代表) 日時:2011年9月23日(金) 午後1:30~4:30 (開場1:20) 参加費:1000円 学生半額・高校生以下無料 場所:西区民センター3F・第4会議室大阪市西区北堀江4-2-7 TEL:06-6531-1400 地下鉄 千日前線「西長堀」駅 7番出口 北へ100m 地下鉄 鶴見緑地線「西長堀」駅 3番出口 南へ100m 米英軍によるアフガニスタン侵攻から10年。 米軍撤退を強調する報道とはうらはら、現在は、過去最高 (ブッシュ政権時代の3倍)にあたる10万人規模の米軍 をふくむ15万人もの多国籍軍が展開し、占領状態がつづ いています。民間人犠牲者の数は最多記録を更新、女性の 人権が抑圧される状況も変わりません。 アフガニスタンはどこに向かうのか? 国際支援・民間支援のありかたは? 来月半ばに迫ったマラライ・ジョヤさん来日にむけて、ア フガンの今を知り、人権についてともに考える「プレ企画in 大阪」。ぜひご参加下さい!   マラライ・ジョヤさん10月来日アフガニスタン元国会議員のマラライ・ジョヤさんが今年の10月にアフガニスタンの未来のため講演に来日されます。彼女は公式の場で戦争犯罪者である国会 議員を侮辱したとして、議員資格を停止された他、たびたび命を狙われていますがその明確主張は国内外で多くの支持を得る一方です。ぜひご参加・ご協力く ださい。 1978年生まれ アフガニスタン・ファラー州出身。イランやパキスタンの難民キャンプでの幼少期、RAWAの学校などでの学業を経て、1998年祖国タリバン政権下で禁じられていた女性の地下教育に携わる。地元の医療提供にも大きく貢献。2003年憲法改正のロヤ・ジルガで軍閥政政治家らを戦争犯罪人と糾弾した発言でBBCニュースに最も勇気あるアフガン女性と評され、一躍有名に。2005年第1回総選挙で最年少国会議員に当選。これまで光州人権賞を始めさまざまな人権・平和賞を受賞。暗殺の危機を乗り越えながら、祖国の女性の人権向上のため、また自由と真の民主主義実現のため占領・軍閥・原理主義と闘っている。2011年にはガーディアン誌が「世界のトップ女性活動家100人」に選出。ハーバード・インターナショナルのインタビューでも占領軍、女性の人権や民主主義を語った。 … 続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , | コメントをどうぞ

アフガン写真展 女性・子ども達

アフガン写真展 タリバンの支配、アメリカやNATOの対テロ爆撃に 苦しむアフガンと女性と子ども達に希望を! 日時 2011年9月10日(土)~14日(水) 10時~19時(日曜17時まで) 会場 ひと・まち交流館 京都 1階展示コーナー 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 TEL:075-354-8711 【バス】 市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車 【電車】 京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分 地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分 女性やこども達の写真100枚のほか、アフガニスタンの美しい民族衣装や10月来日するアフガニスタンで最も名高く若い女性活動家マラライ・ジョヤのプロフィールの紹介もします。アフガニスタンのナッツ等の販売もしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。 主催 RAWAと連帯する会アフガニスタン女性支援・京都支部 問合せ:090-1960-768四

カテゴリー: イベント | タグ: , | コメントをどうぞ

RAISING MY VOICE 日本語版

★☆★ RAISING MY VOICE 日本語版 ★☆★ 来日にあわせてジョヤさんの自伝「RAISING MY VOICE」の 日本語版が耕文社より発刊される予定です。 ご期待下さい。

カテゴリー: マラライ・ジョヤ, 出版物 | タグ: | コメントをどうぞ

マラライ・ジョヤさんってどんな人?

★☆★ マラライ・ジョヤさんってどんな人? ★☆★ ジョヤさんは2003年憲法制定のためのロヤジルガでの発言で世界中に知られました。そこに居並ぶ戦争犯罪人らに対し、その罪をこそ問わねばならないと糾 弾、まだ24歳の地方出身女性の勇気ある声には拍手が沸きましたが、議長はマイクの電源を切り発言を遮り、その場から追放しました。 しかし2005年、 ジョヤさんはファラー州から国会議員に立候補し、見事2位で当選。権力による圧政を批判した発言で議員資格を停止された後も、命を狙われながら活動を続け ています。正義と向き合う彼女に希望の輪が集まり世界で支持が広がっています。 1978年生まれ アフカ゛ニスタン・ファラー州出身。イランやパキスタンの難民キャンプでの幼少期を経て、祖国タリバン政権下で女性の教育や医療向上に大きく貢献。これまで女性のための平和賞、光州人権賞など人権に関わる数多くの賞を受賞。 BBCニュースに最も勇気あるアフガン女性と評され、そのロヤ・ジルガでの発言が放映され一躍有名に。2011年にはガーディアン誌が「世界のトップ女性活動家100人」に選出。ハーバード・インターナショナルのインタビューでも占領軍、女性の人権や民主主義を語った。

カテゴリー: イベント, マラライ・ジョヤ | タグ: | コメントをどうぞ

マラライ・ジョヤ講演日程

★10/16(日)14時・広島市まちづくり市民交流プラザ5F
★10/18(火)18時半・沖縄講演 教育福祉会館ホール3階大ホール
★10/19(水)13時・沖縄国際大学 非公開授業
★10/21(金)18時・大阪女学院大学
★10/22(土)13時半・同志社大学・今出川キャンパス・アフガニスタン平和開発センター
★10/23(日)13時半・吹田さんくすホール
★10/25(火)14時・院内集会・参議院議員会館
★10/26(水)19時・明治大学リバティタワー
★10/27(木)15時・名古屋学院大学・白鳥校舎・翼館302号室
★10/28(金)大阪大学 豊中キャンパス
★10/29(土)13時半・京都大学・吉田南キャンパス人間環境学研究科地下講義室

続きを読む

カテゴリー: イベント, マラライ・ジョヤ | タグ: | コメントをどうぞ

マラライ・ジョヤさん日本講演ツアー決定!

この秋、私たちRAWAと連帯する会では、アフガニスタンで著名な女性活動家で元国会議員のマラライ・ジョヤさんを日本にお迎えする運びとなりました。その背景には9.11後のアフガニスタンが大きく関わっています。米軍のアフガン攻撃から丸10年が経ちました。『対テロ戦争』と位置付けられたこの戦争を 欧米諸国も日本も支持・支援してきましたが、その結果アフガニスタンはどうなっているでしょうか?
今回現地からジョヤさんにお越しいただくのには、平和と人権、民主主義に向かうアフガニスタンの現状について生の声を聴ける、多数の市民を代表して何が必要なのかを話して頂ける という大きな意義があります。わたし達は給油法により自衛隊海外派兵を実現し、50億ドルという支援金でアフガン警察を支えて いる日本の支援の在り方も問い直さなければいけません。
またこの講演会を通じ、RAWAへの支援とRAWA連への参加を働きかけ運動を広げ、アフガニ スタンを身近なものと感じて頂ける方を増やし今後の継続的な支援をめざしたいと思います。 ぜひ一人でも多くの方のご参加、ご協力をよろしくお願いしま す。 続きを読む

カテゴリー: イベント, マラライ・ジョヤ | タグ: | コメントをどうぞ